若柳流五世宗家家元 若柳吉蔵

過去のニュース


第9回リサイタル
若柳吉蔵の会

  • [ 開催日 ]
  • 2008年10月30日(木)
  • [ 会場 ]
  • 京都芸術劇場 春秋座
  • [ 時間 ]
  • 午後十二時三十分開場・午後一時開演

大和楽 月慈童

【出演者】若柳吉蔵

新作長唄 地獄八景冥途之御客

【出演者】山村 若、山村若峯董、花柳小三郎、
花柳寿太一郎、吉村古ゆう、藤間勘祐吾、花柳吉小叟
若柳吉雄樹、若柳勝次、若柳竜公
若柳吉蔵

料金 8,000円(自由席)


若柳会

  • [ 開催日 ]
  • 2008年7月27日(日)
  • [ 会場 ]
  • 京都 南座
  • [ 時間 ]
  • 午前十時開演

長唄 操三番叟

【翁】若柳竜二郎、【千歳】若柳吉金吾、【付千歳】竹内智也、
【三番】竹内亮太、【後見】若柳吉蔵、【付後見】竹内勝也

義太夫 吉野山

【静】若柳吉金吾、【忠信】若柳吉蔵
他二十二番

料金 8,000円(全席自由席)


第8回リサイタル
若柳吉蔵の会

  • [ 開催日 ]
  • 2008年6月5日(木)
  • [ 会場 ]
  • 国立劇場(小劇場)
  • [ 時間 ]
  • 午後五時三十分開場・午後六時開演

常盤津 関の扉

【関兵衛】若柳吉蔵、【墨染】若柳 吉金吾

長 唄 勧進帳

【義経】中村壱太郎、【富樫】尾上青楓、【弁慶】若柳吉蔵

料金 8,000円(全席指定)


三世宗家 二代若柳寿童十七回忌追善
若柳会舞踊公演

去る9月25日(日)京都南座にて、三世宗家十七回忌追善公演を催しさせていただきました。

常盤津 関の扉

【宗貞】 若柳竜二郎
【関兵衛実は大伴黒主】 若柳吉蔵
【墨染実は小町桜の精】 若柳吉金吾



第7回リサイタル
若柳吉蔵の会

去る1月24日(金)東京国立劇場(小劇場)にて、第7回リサイタルを催しさせていただき、無事公演を終了させていただきました。
前回のリサイタルで芸術祭新人賞を頂くことができ、その時の作品「長唄 石橋」を関東の皆様にも見て頂きたく企画いたしたリサイタルでございました。
もう一つの作品「常磐津 吹き寄せ老松」は流儀の古老が踊っておらせたものを伝承して躍らせていただきました。
一舞台を大切に精進を重ねて参りたいと思いますので皆様のご支援よろしくお願い申し上げます。

常磐津 吹き寄せ老松

長唄 石橋


岩手県北上市「市民文化交流センターさくらホール」
若柳流古都彩四季 京のおどり

去る5月2日、岩手県北上市「市民文化交流センターさくらホール」にて、若柳流宗家、家元・若柳吉蔵演じる「若柳流古都彩四季京のおどり」を催させていただき、無事公演を終了させていただきました。
今回の公演は、吉蔵の母、流儀後見を務める寿童が北上市の出身である事をご縁に、昨年のさくらホール落成記念式典にて吉蔵による祝舞を演じさせていただいた事をきっかけに企画されたもの。当日は京の花街の一つ宮川町の現役舞妓(まいこ)・芸妓(げいこ)を伴い、「廓の正月」「御所の梅」「醍醐の桜」「祇園の祭礼」「嵯峨野の秋」「岩屋山の石橋」(踊り/吉蔵、平成15年度文化庁芸術祭新人賞受賞作品)の全6演目を演じさせていただきました。
また、地元北上市のさくら野百貨店様では協賛企画として「京都老舗展」も開催され、多くの皆様にとりまして京のみやびを身近に感じていただける一日となったことと思います。
今回の公演が北上市と京都市の市民・文化交流の一助となる事となれば、これほど嬉しい事は無いと考えております。今回の公演にあたりご尽力いただきました皆様に、この場をおかりいたしまして厚く御礼申し上げます。

岩屋山の石橋

廓の正月

御所の梅

醍醐の桜

祇園の祭礼

嵯峨野の秋





家元の舞台写真からデザインしました「あぶらとり紙」は、ご好評につき完成いたしました。誠にありがとうございます。
「若柳流宗家新舞台開き」 「そば屋の三つ面」サンプル
「熊本地震」で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます
犠牲となられた方々とご遺族には心からお悔やみ申し上げますとともに、一日も早く復興されますことを心よりお祈り申し上げます。