昨年11月、コロナ禍に揺れる世情に立ち向かい、勇気をふるって開催いたしました日本舞踊公演「若柳会」は、多くの皆さまのお励ましとご協力に加え、初めて導入したクラウドファンディングを通じたご賛同、ご支援のお蔭で盛会裡に終始することができました。
開催を決意する直前、「何故この時期に」とか「成功の確信はあるのか」といった揺らぎが胸中を去来しましたが、「動かずしては何も変わらない!」と結論づけ、折から成人となった長男・亮太に若柳吉亮蔵の名を授け、名披露目公演と銘打って開催し、お蔭で確かな手応えと収獲を実感することができました。この余勢を駆って11月20日(日)、国立劇場小劇場にて「若柳会」を開催させていただきます。
時代は今、大きな変化のうねりの中にあります。日本舞踊にとっても、伝承と創生の新しい時代を迎えています。若柳吉亮蔵にとっては、東京での本格デビューの好機であり、清新な気構えで舞台をつとめるものと思います。
加えて今回は、日頃から舞踊の指導・振付を通じて深い絆で結ばれる京都の代表的花街・宮川町にも呼びかけて、京の花街文化の彩りを添えて、見ごたえのあるプログラムを計画中です。何とぞよろしくお願い申しあげます。

若柳吉蔵 若柳吉亮蔵


▼若柳会へのお問い合わせはこちらまで
info@wakayagiryu-souke.jp
TEL.075-611-1234

家元の舞台写真からデザインしました「あぶらとり紙」は、ご好評につき完成いたしました。誠にありがとうございます。
「若柳会」延期、次に向けて!
「若柳流宗家新舞台開き」
「若柳会」延期、次に向けて!