若柳流五世宗家家元 若柳吉蔵

ニュース
第30回 舞踊公演
東西名流舞踊鑑賞会

  • [ 開催日 ]
  • 2012年10月13日(土)
  • [ 会場 ]
  • 国立文楽劇場(大阪)
  • [ 時間 ]
  • 午後1時開演

清元「吉原雀」

若柳 吉蔵、若柳 吉金吾

ご観覧料金:6,500円


舞踊詩
黄金の夢|東日本大震災復興支援 平泉文化の世界遺産登録記念

  • [ 開催日 ]
  • 2012年11月23日(金・祝)
  • [ 会場 ]
  • 盛岡市民文化ホール(盛岡駅西口マリオス)
  • [ 時間 ]
  • 午後1時30分開場/午後2時開演

長唄舞踊「勧進帳」

若柳 吉蔵、中村 壱太郎、尾上 菊之丞

筑前琵琶「散る花草紙- 奥州下り -」

上原 まり

創作舞踊劇「清衡(きよひら)」
高橋克彦著『炎立つ』より 作・演出 水口一夫

片岡 愛之助、中村 壱太郎、若柳 吉金吾、
花柳 基、尾上 菊之丞、若柳 吉蔵

入場料金
S席:10,000円
A席:7,000円
B席:5,000円
三階席:2,000円

今回の催しは、東日本大震災復興を願い、平泉文化の世界遺産登録を記念する画期的な公演で、長唄舞踊「勧進帳」は平成20年・国立劇場での舞台が絶賛を博し、その時と同じ顔ぶれで上演されます。
また創作舞踊劇「清衡(きよひら)」は、直木賞作家・高橋克彦氏の「炎立つ」をもとに、平泉・中尊寺(金色堂)を建立し、奥州の民と仏の黄金楽土を築いた藤原一族の藤原清衡を主人公にした創作舞踊劇として、豪華な顔ぶれで上演されます。
『平泉の心』 高橋 克彦

芝居は舞台にかかったときが完成形で、それまでは人生と同様に未熟のものと承知しているが、事前に届けられた水口一夫さんの台本のあまりの美しさに何度も泣いた。
私の原作が大地を流れる川や平原、吹き荒れる砂塵であるなら、水口さんのそれは平泉の真っ青な空の上に悠々と舞う天女たちの幻である。すべての苦しみ、怒り、悩み、愛憎、欲望が昇華された優しい魂たちがこの地上の、相変わらずの混沌を静かに見守っている。そんな気持ちにさえなった。私が描ききれず、そして描きたかった世界がここにある。

世界はなぜ憎み合わなくてはならないのか。人はどうして小さな存在であることに気付かないのか。楽土とは手を結び合うことから生まれる。平泉が百年をかけて培った心はそれである。弁慶の体に突き刺さる無数の矢は、その心を捨てさせようとする悪鬼の化身だ。平泉の心はもはや失われてしまったのだろうか。いや、弁慶の最後の姿に涙する私たちの胸の奥底にそれは眠っている。


第55回
日本舞踊協会公演

  • [ 開催日 ]
  • 2012年2月17日(金)
  • [ 会場 ]
  • 国立劇場 大劇場
  • [ 時間 ]
  • (第二部)午後4時半開演

地唄「石橋」

山村 若、若柳 吉蔵、花柳 小三郎、藤間 豊宏、吉村 古ゆう

入場料金
1等(指定席):8,000円
2等(指定席):5,000円
3等(自由席):1,000円


東日本大震災復興支援公演
~歌舞音曲で綴る日本の心の原風景~

日本の祈り

  • [ 開催日 ]
  • 2012年2月19日(日)
  • [ 会場 ]
  • 京都四條 南座
  • [ 時間 ]
  • (昼の部)午後1時開演

黄泉(よみ)がえる神々~心の原風景~
「六斎念仏」

若柳 吉蔵、尾上菊之丞

入場料金(全席指定)
1等:10,000円
2等:7,500円
3等:4,500円




家元の舞台写真からデザインしました「あぶらとり紙」は、ご好評につき完成いたしました。誠にありがとうございます。
「若柳流宗家新舞台開き」 「そば屋の三つ面」サンプル
「熊本地震」で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます
犠牲となられた方々とご遺族には心からお悔やみ申し上げますとともに、一日も早く復興されますことを心よりお祈り申し上げます。